RCSキャンパスブログ

2017.11.02

アニマルセラピー

111日(水)、アニマルセラピーの授業がありました。

講師の先生方のほかに、可愛らしい犬4匹と猫2匹が本校にやって来ました。

本校では「言語聴覚学科」と「作業療法学科」の3年生が「アニマルセラピー」を学んでいます。

例えば、犬や猫を抱く際に、身体のどこに力が入っているか、どの筋肉を使っているかを考えて抱くことで、患者様のリハビリにどのように有効か学習できます。

また、アメリカでは、障害者が動物に本の読み聞かせをするセラピーが盛んに行われており、特に子どものリハビリに効果を発揮しているそうです。

患者様に有効なリハビリテーションを提供できる療法士になるために、本校の学生は様々な勉強をしています。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Copyright (C) リハビリテーションカレッジ島根 All Rights Reserved.