キャンパスライフ

充実した私の学校生活

一人暮らしは自由で快適! 学業優先で頑張っています!

理学療法学科3年 広島県/広島翔洋高校出身
林 晃

子どもの頃からサッカーをしていて、自分の身体がどのように動いているのか、どのように動かせばスムーズに動けるのか知りたくて、そのうちに「理学療法士」に興味を持つようになりました。一人暮らしは自由で好きなように生活できるので気に入っています。クックパットのレシピを見ながら自炊も頑張っています。最近作った「ロコモコ丼」はとても美味しくできました。今は学業を優先し、部活動やアルバイトも息抜き程度に頑張っています。

学校生活1
  • 1か月の生活費

1か月の生活費は9万円程度。まだ実習がないので、毎月4万円~5万円はアルバイトでまかなっています。

  • アルバイト

飲食店でアルバイト。夕食のまかないが出るので助かっています!

生活費

部活動・サークル活動

野球部全国大会2016年11月 倉敷市民球場にて

野球部

本校野球部は2009年度「文部科学大臣杯第21回全国専門学校軟式野球選手権大会」に中国・四国地区代表として出場し、みごと全国制覇を成し遂げ、全国219校の頂点に立ちました。2011年度は全国ベスト8、2012年度と2013年度は全国第3位と、全国大会の常連校になっています。また、サッカー部も2014年度に全国大会に出場しています。そのほかにもバスケットボール部・テニス部・バドミントン部・バレーボール部・吹奏楽団など、恵まれた環境の中で様々な部活動やサークル活動が行われており、充実した学生生活を送ることができます。

スポーツトレーナクラブ誕生!

スポーツトレーナークラブ
トレーナークラブ2

近年、スポーツ分野では医科学サポートの需要が拡大しており、医学的、運動学的な専門知識を有する理学療法士がスポーツトレーナーとして活躍することが多くなりました。本校では2016年9月に理学療法学科専任教員でJASAアスレティックトレーナーの資格を持つ山本圭彦先生を顧問に「スポーツトレーナークラブ」が発足しました。放課後、部員たちはトレーナーとして必要な知識と技術を高めるための講義や実技指導を受け、スポーツ大会などで活躍することをめざしています。

留学生からのメッセージ

p17留学生 理学療法学科2年林郁宏(台湾・大阪国際教育学院出身)

野球部に所属し全国大会にも出場しました。

理学療法学科2年 台湾/大阪国際教育学院出身
林 郁宏

私は留学生です。台湾の日本語学校の先生の紹介で「リハビリテーションカレッジ島根」を知り、静かな環境で勉強に集中でき、野球も続けられるのでこの学校を選びました。私は高校時代に野球をしていてケガをして、物理療法を受けたことがあります。もう二度とグランドに立てないと思っていましたが、リハビリのおかげで大好きな野球を続けることができたのが「理学療法士」をめざすきっかけです。野球部では、1年目で全国大会に出場することができました。周りの人はみんな親切で、とても充実した学生生活です。

キャリアアップ希望者特待生からのメッセージ

p17キャリアアップ 言語聴覚学科2年藤澤優花(島根県・益田翔陽高校出身)

一歩踏み出せば新しい自分が見つかります!

言語聴覚学科2年 島根県/益田翔陽高校出身
藤澤 優花

高校卒業後、東京の美容専門学校に進学し、モデルなど美容関係の仕事をしていました。人の役に立てるような仕事に就きたいと考えている時に「言語聴覚士」という仕事を知り、キャリアアップ希望者特待生入試にチャレンジしてみました。勉強は簡単ではありませんが、理解できた時はとても楽しいです。経験した事のないことにチャレンジするのは不安かもしれませんが、新しい自分を見つけるチャンスだと思います。第一歩が大切です。一緒に頑張りましょう。

Copyright (C) リハビリテーションカレッジ島根 All Rights Reserved.