卒業生インタビュー

2017.05.12

栗栖 祐子さん

◆作業療法学科2014年卒(広陵高校出身)

Q1.現在の仕事内容について教えてください。

 リハビリテーションには急性期と回復期がありますが、私は入院後1ヶ月~3ヶ月の急性期の患者様を担当しています。まずは、ベッドで身体を起こしたり、ご飯を食べたりといった日常の簡単な動作ができるようにリハビリをしますが、できるようになって喜ばれる姿を見るのが何よりもうれしいです。患者様のなかにはリハビリが予定通りに進まず、かんしゃくを起こされる方もいます。そんな時は、なるべく患者様の気持ちに寄り添うように努めています。

Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

 患者様が笑顔で私に手を振ってくださったりすると、「今日も頑張ろう!」とモチベーションも上がります。また、退院された患者様が、「元気にしてる?」とわざわざ私の顔を見に来てくださることもあります。患者様の笑顔が最高のやりがいです。

Q3.リハビリテーションを行うにあたり、心がけていることはどんなことですか?

 笑顔で患者様に接すること、そしてなるべく患者様のお名前を呼びながらリハビリをすることを心がけています。この仕事は人対人。スムーズなリハビリには患者様とのコミュニケーションが不可欠です。患者様と心を通わせるために、出勤前にニュースで情報を仕入れたりして、何気ない会話の中で緊張をほぐすなどの努力をしています。患者様が意欲的にリハビリに取り組んでくださる場合はとても回復が早いのですが、苦痛をを伴うことも多く、中にはリハビリを嫌がる患者様もおられます。一人ひとりの様子を見ながら、いかにやる気を出していただくかも私たちの役目だと思っています。

Q4.普段から工夫している点はありますか?

 先輩から「リハビリは一対一だけでなく集団でもできるよ」とアドバイスをいただき、他のスタッフも一緒にラジオ体操をしたり、患者様同士の風船バレーを始めたりしました。患者様も、みんなで一緒にすることが楽しいようで、毎日同じ時間に組み込むことで生活リズムもできました。楽しい時間を過ごしておられる姿を見ると、私も幸せな気持ちになります。あとは、自分のスキルを上げるために、院内や県外での勉強会にも積極的に参加しています。介助の仕方一つとっても、ちょっとしたコツで患者様がスムーズに動けたりします。日々勉強の毎日です。

Q5.患者様にかけられた言葉で心に残っていることはありますか?

 急性期のリハビリをした後、患者様は回復期のリハビリに移られます。そのときに「最後まであなたが担当だったら良かったな」と言ってくださったことがあり、本当にうれしかったです。この仕事は責任が重く、正直大変だなと思うこともあります。けれど、患者様と同じ目標に向かって一緒に頑張れるとてもやりがいのある仕事です。これからも患者様とはもちろん、ご家族との信頼関係も築きながら、身体だけでなく精神面もしっかりサポートできるように頑張っていきたいです。

Q6.リハビリの世界に進んだきっかけは何ですか?

 もともと看護の仕事がしたかったのですが、高校の担任の先生に勧められてリハビリテーションカレッジ島根のオープンキャンパスに参加したのがきっかけです。リハビリの仕事の魅力はもちろん、アットホームな雰囲気も決め手になりました。奨学金制度も充実していて本当に助かりました。

Q7.学生生活はいかがでしたか?

 都会のように周辺に遊ぶところが多くないので、勉強に打ち込めたのもよかったと思います。私は学校の近くの学生アパートを借りていましたが、友達と食事を作ったり、一緒にお酒を飲んだり、楽しい思い出がたくさんできました。地域での交流も盛んで、そこで年代の違う方と話す機会が生まれ、コミュニケーション能力も身についたと思います。学園祭や球技大会などイベントも多く、クラスの団結も強くなりました。

Q8.実習はどうでしたか?

 心に残っているのが2年生の時の解剖実習。島根大学医学部にいて、実際に解剖している様子を見学するのですが、実際に目で見ることで人体の構造がイメージしやすくなりました。3年生の時に合計6週間、4年生の時に合計18週間の臨床実習がありますが、いろいろな経験をしたことで知識や度胸が身に付いたのだと今になって思います。リハビリの計画を立てるときに、学校の授業で使った教科書や資料を参考にすることもよくあります。後輩には、「教科書は卒業後も大切に!」と言っておきたいですね。

Q9.国家試験の勉強は大変でしたか?

 すごく大変でした! 国家試験が近づくと、夜9時まで学校に残って勉強できるのですが、先生が必ず一緒に残って指導してくださり、とても感謝しています。私は模擬試験になると普段の力が出せず、点数が悪かったんです。落ち込むこともよくありましたが、めげずに乗り越えられたのは先生が「次の模擬試験で200点を超えたらご馳走してやる」などと、いつもやる気を引き出す工夫をしてくださったからだと思います。国家試験に合格した時は本当にうれしかったですね。

Q10.社会人になるまでにしておいたほうが良いと思うことは何ですか?

 いろいろなことに挑戦し、しっかり遊ぶこと。社会人になるとなかなかプライベートな時間がとれません。やりたいことは学生時代に挑戦しておきましょう。あと解剖学と生理学はしっかり勉強しておくこと。リハビリ計画を立てるときに、頭に入っているといないとでは全然違います。学校で学ぶことは必ず自分の将来につながるので、手を抜かず頑張ってください。

トラックバック

トラックバックURL:

Copyright (C) リハビリテーションカレッジ島根 All Rights Reserved.