卒業生インタビュー

理学療法学科

2017.05.12

尾中 竜輝さん

◆理学療法学科2011年卒(広島県立廿日市西高校出身)

◆勤務先
西広島リハビリテーション病院
リハビリテーション部 理学療法士 


Q1.ケガで将来の進路を変更したと伺いましたが?

 子どもの頃からずっと野球少年で、将来は野球選手になりたいと考えていました(笑) 高校時代もレギュラーで、特に進路は意識していませんでしたが、2年生の時に肩を壊してしまい、そのままレギュラーに復帰できず、具体的に進路を考えるようになりました。そんな時、リハビリテーションを受けていた先生と話をする中で、なんとなく医療の分野に関心を持つようになり、今考えると、それがきっかけだったかなと思います。

Q2.現在の理学療法士としての仕事を教えてください。

 西広島リハビリテーション病院は、回復期病院、つまり脳卒中を発症された方や関節などの手術を受けた方の回復を担う病院です。私は理学療法士として、こうした方の症状の回復と自宅復帰をサポートしています。疾患の種類によって入院期間が60日・90日・150日と決まっており、限られた期間内に自宅での生活が可能な状態になるように訓練を行います。訓練のプログラムは担当する理学療法士が作成しますが、疾患の種類や程度を考慮して一人ひとりに合ったものを考えます。そして、もう一つ重要なことは「退院後は自宅で生活をする」という視点を持つこと。リハビリテーションは単に体の機能を回復させるのではなく、実生活に必要な動作ができるようにしなくてはなりません。そのために自宅に伺い、どんな動作が必要かをチェックするのも理学療法士の仕事です。

Q3.リハビリテーションで大切なのは「心」のケアと伺いましたが?

 「できていたこと」が「できなくなる」ことは本当につらいことです。そして、リハビリテーションでは「できないこと」を訓練することが多い。だから患者様もつらいという思いが強くなっています。つらくても本当の気持ちを私たち理学療法士をはじめ、スタッフに言えない方も多くおられます。ですから、訓練をするときは疾患を見るだけではなく、患者様の気持ちに寄り添うことを大切にしています。

Q4.記憶に残っている患者様はいますか?

 脳卒中を発症された後、重度の片マヒ(身体の半分がマヒした状態)になられた患者様ですね。ベッドでの生活が長く手足がほとんど動かない方でした。失語症も併発されていてコミュニケーションをとることも難しく、患者様ご本人も苦しい思いをされていたと思います。入院期間中にどこまでできるか不安がありましたが、患者様には気づかれないよう「できること」を一つ一つ増やしていきました。私の指導に対するリアクションやちょっとした表情の変化を見落とさないようにして、体や気持ちの状態に合わせて患者様と一緒に訓練を続けました。現在は自宅復帰し、ご夫婦で暮らしておられます。諦めずに着実な一歩を積み重ねることで、患者様のより良い人生に役立ったのではないかと感じています。

Q5.西広島リハビリテーション病院では機器や装具が充実していますね。

 特に歩行訓練に使用する設備が自慢です。一つはロボットを応用したもので、本田技研研究所と本院が共同で研究した「HONDA歩行アシスト」による歩行訓練。最新技術による充実した訓練を提供することで、今まで以上に患者様のお役に立てる理学療法が可能になると思います。また、足の装具も充実しています。足首など関節の動きをサポートするもので、これも歩く動作を補助します。数十種類あり、患者様の足の動きや大きさに合わせて最適なものを選びます。これからも経験を積んでいき、多くの患者様のお手伝いをしていきたいです。

Q6.患者様に寄り添う尾中さんの理学療法士としての原点は何ですか。

 やはりリハビリテーションカレッジ島根での経験です。私自身がリハビリテーションによってケガから回復し、リハビリテーションカレッジ島根で好きな野球を続けることができ、全国制覇も体験しました。また、先生方の温かい指導、同じ目標に向かって学んできた仲間からの「おまえならできる!」という励ましの言葉など、理学療法士として患者様と向き合う姿勢を養うことができました。

Q7.最後に、リハビリテーションの仕事をめざす人たちにエールをお願いします。

 リハビリテーションカレッジ島根の4年間で学ぶことは、就職してからの基礎がギュッと凝縮されています。知識や技術だけではない部分、特に先生方や仲間たち、そして地域の皆様と触れ合う時間も大切にしてください。リハビリテーションは人と向き合うことから始まります。そのうえで知識や技術が生かされます。人に感謝される素晴らしい仕事です。一緒に働ける日を楽しみにしています。

2017.05.11

安清 希歩美さん

◆理学療法学科2011年卒(広島県立可部高校出身)

◆勤務先
医療法人 メディカルパーク 野村病院
リハビリテーション科 理学療法士

Q1.よく聞く「ケアミックス」とは何ですか?

 私の勤める野村病院は、一般病棟と療養を併設するケアミックスを実践しています。わかりにくいと思いますが、治療して状態が安定すると、一般的にはその後のケアは別の病院(回復サポートを主とする病院)に移ります。ケアミックスでは両方をサポートできるため、転院せずに治療に専念できます。そのため、早くから患者様と関わることができ、一人ひとりの状態が把握しやすく、より深く患者様に向き合ったリハビリテーションを提供できます。

Q2.深く向き合うことのメリットについて教えてください。

 私は理学療法士としてリハビリテーションに携わっています。リハビリテーションの最終目標は、患者様が住み慣れた自宅に戻り、今までのように生活できること。そのためには、入院してからの状態と退院後に目指す生活を把握する必要があります。リハビリテーションでは、その二つの差をできるだけ小さくするための訓練を行います。たとえば自宅が二階建てで、階段をよく使う方であれば、階段を安全に上り下りできるように訓練する必要があります。生活は動作の連続なので、何ができて何ができないのか、どこまでならできるのかを的確に評価しなければ、患者様一人ひとりに合ったプログラムは作れません。患者様自身も訓練を通して、少しでも回復することを望んでおあらrますし、回復を実感することで喜びやその後の意欲にもつながります。

Q3.リハビリテーションで心がけていることは?

 医療分野に関わっていると、どうしても病気や障害に目が行きがちになります。リハビリテーションであれば身体機能を回復させることになりますが、それだけではだめだと考えています。もし自分の家族だったら、大切な人だったら、機械的なケアをされてもうれしくないですよね。だから、患者様は皆さん家族だと考えて接するようにしています。身近な話題で笑ったり、お互いの報告をしたり、自然と深く向き合えるようになって、「実はこんなことがしたい」という本心も話してくださるようになります。目標が分かれば二人三脚、家族の方を合わせれば三人四脚で、力を合わせて向かっていけると思います。

Q4.目標は必ず達成できるのですか?

 「はい」と言いたいところですが、実際はリハビリテーションをしたから必ず以前のように回復するというものではありません。一人ひとりの障害の程度や体力・筋力・気持にも大きく左右されるので、一つの方法だけでなくいろいろなアプローチをしていきます。少しでも回復が見られると「できたね」と声掛けをしたり、先輩に聞いて今まで取り組んでいなかったプログラムを行ってみることもあります。リハビリテーションが行える期間も決まっているので、退院までに回復が見込めないときは、訪問リハビリなどのサービスの利用や自宅に手すりを付けることのアドバイスなどもしています。

Q5.安清さんの思いやりの深さはどのように身に付けましたか?

 私自身、人が好きということもありますが、最も影響を受けたのはリハビリテーションカレッジ島根で過ごした4年間だと思います。先生にしても同級生や先輩にしても、悩みや不安などをお互い自分のことのように考えてくれるんです。思いやることで真剣に向き合い、アドバイスしたり、時には厳しく指摘し合ったり。だから自然に自分のスタイルとして身に付いたのだと思います。また、国家試験のことで先生に相談すると、私が分らないところを理解しておられて、分りやすく説明してくださったり、個人面談の際には勉強のことはもちろん私生活のことも相談に乗ってくださったり(笑)、患者様と会話するという姿勢が身に着いたのは先生方のおかげかもしれません。

Q6.この仕事のやりがいや楽しさは何ですか?

 担当する患者様一人ひとりに合ったリハビリを提供し、患者様が回復を実感されたときですね。家族同様の患者様が元気になられる姿を見ることは本当にうれしいですし、どんな時も手を取り合ってきたからこそ感じられることだと思います。喜びを身近で共有できる仕事なんて本当に素敵だと思います。

Q7.リハビリテーションカレッジ島根の良さを教えてください。

 オープンキャンパスですぐに感じたことは先生方や先輩方の雰囲気の良さ。実際に勉強している姿がとても楽しそうで、皆さん輝いて見えました。こんな雰囲気の学校なら通いたい、こんなに輝いてみたいと感じました。学校の周囲には遊ぶ場所は少ないですが、だからこそ、休日はもちろん講義の合間や放課後など友人と過ごす時間は長く、友人との絆も深くなりました。また、卒業してから実感するのは実習が充実していること。いろいろな実習先でリハビリテーションカレッジ島根の卒業生が活躍していて、実習中も相談しやすく安心だったこと。今は実習生を受け入れる立場なので、私が感じた安心を後輩たちに届けたいですね。そして、いつか同じ場所で、同じ目標に向かって頑張れたらすてきだなと思います。

2017.05.01

山下 和樹さん

◆理学療法学科2008年卒(広陵高校出身)

◆勤務先
医療法人社団 明和会 大野浦病院
リハビリテーション部 理学療法士

Q1.現在の仕事内容について教えてください。

 急性期病院での治療を終え、継続して身体能力の改善が必要な方のリハビリテーションを担当しています。前の病院での取り組みもある程度はわかりますが、まずは患者様の”今”の状態を確認します。例えば、筋力はどの程度残っているか、関節はどのくらい動かすことができるかなど、主に触診によって評価していきます。患者様と関わる時間は限られています。だからこそ、その時にできる最善の訓練や指導をしていきたいですね。そして、チームアプローチによって総合的に患者様を支えることが大切。そのためには、知識・技術はもとより色々な方との接し方も身につける必要があります。患者様が退院される直前まで、身体能力を上げられるように、日々取り組んでいます。

Q2.信頼されている実感はありますか?

 入院される方は比較的年齢が高く、中には認知症を患っていらっしゃる方もいらっしゃいます。すぐにコミュニケーションがとれるわけではありませんが、ちょっとしたことにも傾聴することで少しずつ積み上げていくようにしています。その中で、表情が柔らかくなったり、会話が増えてきたりしたときに信頼していただけるようになったかなと感じますね。また、退院した患者様が自分のことを覚えていてくださって、わざわざ来てくださることもあります。このような瞬間、信頼されているのかなと実感することができます。

Q3.前向きな方ばかりではないと思いますが、どう対処されていますか?

 もちろん、訓練を拒否される方もいらっしゃいます。でも、諦めることはできませんから、どうしたら患者様との心の距離を縮めることができるかを考えながら取り組みます。例えば、声かけひとつでも、わかりやすく伝えることを意識しながら取り組んでいます。大きな声でゆっくり話すことは当然ですが、わかりやすいというのは、これからどんな訓練をするかを明確に伝えることなんです。「3日後に車椅子から杖に変えますね」「だから立ち上がるための訓練をしますよ」というふうに目的をはっきり伝えます。身近な目標があることで、次第に自分から取り組むようになっていただけます。

Q4.理学療法士として常に心がけていることはありますか?

 リハビリテーションを必要として患者様は来院されます。でも、私たち理学療法士だけで患者様を改善へと導くわけではありません。健康面や医療面を診るドクター、日常のお世話をする看護師や介護スタッフ、もちろん同じ理学療法士や作業療法士も連携して改善への道を作っていくんです。そのために自分が何を行うべきか、どんな情報を他のスタッフに伝えるべきかを理解することも大切です。こうしたチームアプローチを行うにあたり、月1回のカンファレンスや、時間のある時にはスタッフ同士が自主的にミーティングをするなどして、日頃から情報交換をしています。

Q5.この仕事で難しいところはどんなところですか?

 患者様の訓練は、長ければ3ヶ月のプログラムを計画しますが、これはプログラムの中でも最長で、症状も複雑であったり重度であったりします。こうした患者様の場合、症状が改善する時期もそれぞれ異なりますし、「できた」といえる状態を判断することが難しくなります。また訓練の時に「できた」からといって、常に「できる」状態かどうかは分りません。健常者でもちょっとしたことで転んでケガをしますが、患者様の場合はちょっとしたケガでは済みません。それだけ判断をする責任があり、難しいところだと思います。

Q6.この仕事に必要なものは何だと思いますか?

 「積極性」だと思います。いろいろな経験をする中でたくさんの疑問にもぶつかります。そんな時、なんとなく過ごしてしまっては自分のためになりませんし、関わる患者様のためにもなりません。学生時代に実習で学んだ症状とは異なった症状の患者様が入院されました。単に骨折後のリハビリテーションと言っても、教科書と骨折箇所が異なるだけでもどうしていいかわからなくなります。でも、そんな時こそチャンスです。わからないなりに自分の考えを伝え、先輩に意見を求めることで、一つの経験を通して多くのことを学ぶことができます。

Q7.学生時代に力を入れておいたほうがいいことはありますか?

 学校周辺は自然に囲まれて、言ってみれば勉強する以外ない!という環境です(笑) 。でもこれが良かったんです。月並みですが、勉強に集中できますし、自然に同級生や先輩、先生方と関わっていけます。関わっていくといろいろなことが起こりますが、真剣に人と向き合うきっかけにもなるんです。就職してから上司や先輩・患者様と接するうえで必要な人間性が身に付いたと思います。勉強面では、「運動学」はしっかり勉強しておいたほうがいいですよ。臨床に出てから活かせる内容が凝縮されています。

Q8.将来の目標について教えてください。

 就職したばかりの頃は、先輩の理学療法士がつきっきりで指導してくださいました。患者様の人生に関わる仕事ですから、当然先輩の指導も厳しい時がありましたが、だからこそ今の自分があります。今は新人を指導する立場になりました。早く一人前の理学療法士として歩んでもらえるように、自分の経験を伝え、頼れる先輩として自分自身のスキルアップもめざしていきたいと思います。

2017.05.01

福島 亮さん

◆理学療法学科2015年卒(石見智翠館高校出身)

◆勤務先
社会福祉法人 島根整肢学園 西部島根医療福祉センター
リハビリテーション技術科 理学療法士

Q1.現在のお仕事の内容について教えてください。

 私の勤務する西部島根医療福祉センターは、一般の方が利用される病院と、障害児や障害者の方が心身機能の維持・向上をめざす施設が併設された複合施設です。
私は理学療法士として、ドクターをはじめ看護師・作業療法士・介護スタッフなどと連携しながら、主に病棟の小児疾患、呼吸器疾患の患者様への理学療法を行っています。

Q2.リハビリテーションを行うにあたり、心がけていることはどんなことですか?

 「気づき」を大切にしています。これは、リハビリテーションカレッジ島根で担任の先生から教わった言葉です。
リハビリテーションには「患者様の変化に気づく」観察力と視野の広さが必要だという教えを今も実践しています。特に、小さなお子様は十分に会話をすることができません。だからこそ、ちょっとした表情やしぐさ・動きを注意深く見ることで、「今日は調子がいいな」「少し疲れて集中力がなくなっているな」と状況を判断し、別のことをしたり、休憩したり、リハビリテーションも工夫することができます。

Q3.いろいろな工夫が成果につながっていますか?

 リハビリテーションをしたからと言って、「必ずできるようになる」「ここまで回復できる」と断言することはできません。工夫したことも同様に、はっきり成果として現れるとは限りません。
しかし、一番大変な思いをしているのは患者様です。あきらめずに、一歩一歩、分らない時には助けてくださる先輩の療法士もたくさんいますし、ドクターや看護師とも相談しながら前に進めていこうと思っています。
以前、患者様が不機嫌になられた理由がわからないことがありました。上司に相談したところ、寝ているポジショニングを崩されたことが原因だとわかりました。落ち着いていただくために胸を軽くたたいてあげるといいとのアドバイスもいただきました。
一つひとつの積み重ねを通して、「変化に気づき、何か言われる前に手を差し伸べられる」理学療法士になりたいですね。

Q4.成果がはっきりとは分りにくい中で、どんな時にやりがいを感じますか?

 「ありがとう」の言葉、と言いたいところですが、実際にこの言葉を聞ける機会はそんなに多くありません。感謝されていないのではなく、言葉にならないだけで、それは笑顔だったり、ちょっとしたしぐさの変化だったり、言葉ではないところで感じることができます。「気づき」の中にヒントがあり、最終的に患者様が笑顔になられた時が、自分のリハビリテーションに納得でき、やりがいを感じられる瞬間です。

Q5.勤務形態はどんな感じですか?

 勤務は月曜日から金曜日までで、9時始業、17時15分終業です。週末は特別なことがない限りお休みです。時間があれば大好きな温泉に出かけています。勤務中は、患者様のことやリハビリのメニューなどを考えることが多いので、休日は思い切りくつろいでいます。職場のスタッフが集まってスポーツを楽しんでいるようなので、今度参加してみようと思っています。普段からのコミュニケーションがスムーズな業務遂行につながると思います。

Q6.リハビリテーションの世界に進んだきっかけは何ですか?

 高校時代は硬式野球をしていたので、高校2年生までは野球のことで頭の中はいっぱいでしたね。でも3年生の時、ケガをして試合に出場できないまま1年が終わってしまいました。病院でお会いしたのが、リハビリテーションカレッジ島根の中牟田先生でした。私に「気づき」について教えてくださった先生です。今思えば、まさに運命的な出会いでした。

Q7.目標を見つけて進学してからはいかがでしたか?

 医療系の勉強は学ぶ範囲が広いんです。実際に甘く見ていたところもあり、気が抜けませんでしたが、学校の周りに遊ぶところが少ない(笑)ことで、勉強にうまく集中できました。
入学後は野球を再開し、2年生と3年生の時に全国3位を経験しました。勉強にも部活動にも全力で向かうことができたのは、苦楽を共にした友人や先生方のおかげです。

Q8.一人ではないことが安心感になって頑張る力になったのですか?

 頑張ることは自分でしかできませんが、悩んだ時にそれを乗り越える力になるのは人の言葉や行動だったりします。私自身も、特に国家試験の勉強の際には力をもらいました。
何も知らずに飛び込んだ分野で、4年間あきらめず、目標を達成できたのは、リハビリテーションカレッジ島根の環境のおかげだと思います。
私の話ではありませんが、学校をやめそうになっていた友人の変化に先生が気づき、先生の説得でその友人は卒業することができました。もちろん国家試験にも合格しました。先生から声をかけてくださり、学生のことをよく理解してくださっていたことは、とても安心できることでした。いつでも相談していいんだなと思いました。

Q9.社会人になるまでにしておいた方が良いと思うことは何ですか?

 私は入学当初からアルバイトをしました。コンビニをはじめ、地元の小学校で放課後の非常勤、実家で漁師の手伝い、3年間続けた引越しスタッフなどです。サービス業というか、人と接する仕事に関わることで、何を求められているか、何をすべきかを自分で判断できる力が養えたと思います。在学中にこれをやるべきということはありませんが、積極的に人と関わることは将来リハビリテーションの仕事をするうえで必ず役立つと思います。あとはすべての基礎となる「勉強」をしっかり頑張ってください。

Copyright (C) リハビリテーションカレッジ島根 All Rights Reserved.