リハビリテーションカレッジ島根の特色

4年制の専門学校

「学士」と同等「高度専門士」の称号で大学院入学も

本校は、修業年限4年以上・総授業時数が3,400時間以上など文部科学省の定める基準を満たす専門学校であり、卒業生には大卒者の「学士」と同等の「高度専門士」の称号が与えられ、「大学院入学資格」を得ることができます。3年制専門学校卒の「専門士」の称号では大学院入学資格は得られません。採用の際の初任給など雇用条件も多くの医療機関で大卒者と同等であり、学位の取得等将来のステップアップにも有利です。

専門学校だからできる国家試験と仕事に直結したカリキュラム

大学の場合、英語や数学など、国家試験やリハビリの仕事に直接関係ない一般教養科目の履修が負担になることがあります。本校では専門学校の特性を活かし、1年次から国家試験や将来の仕事に直結したカリキュラムを組んでいます。早い時期から国家試験対策と実践教育をスタートさせることで国家試験合格をより確実なものとします。

4年次は臨床実習と国家試験勉強に集中

大学でも専門学校でも、リハビリの養成校では最終学年で長期の臨床実習があり、一方で就職活動もあります。本格的な国家試験勉強に入る大事な学年ですが、本校は専門学校なので卒論や卒業研究がなく、それだけ国家試験勉強に集中できる優位性があります。

時代に即した医療系3学科

3学科併設のメリット
本校には、リハビリテーションに携わる「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」を養成する3学科があります。
3学科を設置している養成校は全国的にも少なく、学科間で連携することにより他職種への理解も進み、将来の臨床現場での実践力にもつながります。


 本校の3学科すべてが、「一般社団法人リハビリテーション教育評価機構」 の認定を受けています。

恵まれた教育環境

地域に密着した学校
本校は、地元の熱い期待を受け、平成10年4月に開校しました。地域への貢献と開かれた学校づくりをモットーに、医療・福祉関係者向けの各種講演会の開催、地元ケーブルテレビ局制作の健康番組への参画、研修会での行事を引き受け、高等学校・看護学校等への講師派遣等の地域貢献活動を積極的に行っています。
また学生は、地域の祭りや清掃活動・交通安全運動など、各種の地域活動を通じて地域とのつながりを深め、医療人になるための研鑽を積んでいます。教育面では、臨床経験豊かな講師陣を迎えて質の高い人材教育を展開しているほか、地域の多くの病院や施設が学生の臨床実習の場となっています。本校は、地域の教育・文化・スポーツ活動の拠点である三隅中央公園内に位置しており、本校の学生は理想的な教育環境の中で充実した学生生活を送っています。

パソコンを活用した効果的な学習システム(e-school)

新入生全員に高性能のタブレットパソコンを贈呈!!

入学後はパソコンを活用した効果的な学習が行われ、国家試験勉強でもパソコンが威力を発揮します。

1.高性能タブレットパソコン
丈夫でサクサク動くタブレットパソコンです。先生への質問もでき、講義資料も取り込めて復習にも便利。
校内の情報を共有することもでき、卒業後も勉強や情報検索に役立ちます。

2.本校独自の「e-ラーニングシステム」を活用した国家試験対策
 本校の学生はパソコンを活用したe-ラーニングシステムを利用することができます。
国家試験合格に直結する本校独自のシステムで、高い学習効果を挙げています。

3..校内ではインターネット使い放題!
 光回線による無線LANが完備されており、調べものもスピーディーに!
この回線とは別に、学生が無料で使えるWi-Fi環境も整備されています。